ミュンスターのオクトーバーフェスト

ドイツの10月と言えばオクトーバーフェスト! ミュンスターのオクトーバーフェスト について紹介します。

ミュンスターのオクトバーフェストは9月末から10月中旬になります。

詳しい日程については公式ホームページをご確認ください。

ミュンスターのオクトーバーフェスト 会場
ミュンスターのオクトーバーフェスト会場

まず気をつけないといけないのはミュンスターのオクトーバーフェストに参加するには前売りチケットが必要だということです。

半年ほど前からインターネットで購入できます。人数、日程が決まっているなら早めに予約した方が良いでしょう。

会場はテント状の建物になっていて、バンド演奏が行われるステージがあります。席の場所によって価格が少し異なります。ステージからの距離により、4人チケットが1セットで48€から84€になります。

当日は、念のためにチケットをプリントアウトしていくのがいいでしょう。スマホの画面を入り口のスキャナーにかざしても入場できます。

 

建物の中なので、風も入らずあったかいです。多くのドイツ人の方は女性ならディアンドル、男性ならレダホーゼを着てこられます。現地の人々は、伝統衣装にパーカーだけやポシェットなど身軽な格好で来られている方がほとんどです。上着や荷物は入り口の預かり場で預かってくれます(料金はかかります)。

開催時間は17:30から0:00まで。

駅の奥にある映画館から少し歩いた場所にあります。周りに駐輪スペースもないので徒歩で行くかバスを利用することになるでしょう。テントに入る前にセキュリティーチェックがあります。リュックや大きな荷物は持ち込まないで済むようにしましょう。

 

ビールの種類は3種類です。

 

マスビール
マスビール(ピルスナー)

ピルスナー、ヴァイツェン(白ビール)、ラードラー(レモネードで割ったビール)、どれもますビール1Lでの販売になります。価格は年々上がってきているようで、1杯10€強でした。ミュンヘンのオクトーバーフェストではもっとビールの種類があるのですが、ミュンスターのオクトーバーフェストは種類が限られています。ビールの他にもノンアルコールビール、ソフトドリンクなどがあります。

飲み物の注文の仕方ですが、会場の端にあるカウンターに自分で買いに行ってもいいですし、ドリンク担当のディアンドルを着た女性がいるのでその方に注文する方法もあります。並ぶ手間がかからないので、テーブルで注文をした方が楽でしょう。お会計は飲み物との交換になります。必ず払わないといけないわけではないですがチップの相場は10%なのできりのいい額で払うとスマートでしょう。

飲み物担当の方とは別に食べ物担当の方もいるので、何かお腹に入れたい方はそちらに注文してください。小さなソーセージの盛り合わせやソーセージのサラダ、焼いた鳥などがあります。また、プレッツェルを売り歩いている方もいます。

 

夜からバンド演奏が始まります。

盛り上がってくると、みんな立ち上がり、踊り出したりしてノリノリになります。

身につけておくなどして貴重品の管理はお気をつけください。

 

飲んでいると気になってくるトイレですが、会場の端にあります。ミュンスターの場合、利用するごとのチップは必要ありません。男性トイレの場合、それほど混んでいません。ただし、使ってみるとわかるのですが、普通のトイレのように便器が一個一個あるのではなく壁に溝がついてそこにする方式になります。最初は少しびっくりするかもしれませんね。

 

ビールの注文が1L単位なのでついつい飲みすぎてしまわないようにお気をつけください。

それでは楽しいオクトーバーフェストを!

プロージット!

 

 

ドイツはサイン文化

日本で仕事やプラーベートで書類を作成する時には山ほど判子つきますよね。

当たり前ですが、ドイツでは判子文化なんてない。

サイン文化です。

でも日本にいる時に自分の名前をアルファベットで署名する機会ってそんなにありませんよね。

こちらだとオフィシャルな書類にはブロック体とサイン両方書くケースが多々あります。

向こうの方のサインを見ると読めない。

有名人がサインするときのような字体です。みんな形が小慣れているいてかっこいいです。私の場合は、中学校で習った筆記体を繋げただけのようなもの。

うーん…

 

全然かっこよくない…

これから長い間使うということもあり、ここはプロにデザインをお願いすることにしました。

無料のサインジェネレーターは、筆記体を繋げただけの感じだったので、イマイチと感じてしまいました。見た目は流暢に見えるのですが、実際に書いたものというとちょっと違いますよね。

今回お願いしたのは署名ドットコムさんです。

http://www.syomei.com

ネットで探すと他にもいろいろありますね。

 

サンプルのデザインが気に入ったので署名ドットコムさんにお願いすることにしました。

価格はベーシックなアルファベット1種類で10000円のコース。

オーダーした後デザインを見せていただいて微調整はできるのですが、複数のデザインから選びたかったのでオプションで3択プランを選んで草案を3つ作っていただきました。

こちらはオプションで+5000円、計15000円になります。

期間は1週間で、デザインの草案が送られてきて、3種類の中から1つ選んで、書き方順を教えていただくことになります。これがさらに4営業日かかります。もし急ぎで欲しいかたはオプションで納期短縮もできるそうです。

もっと安いところもありますので気にいったところを探すといいと思います。

 

実際の出来上がりは満足したものをいただくことができました。

お願いしていた書きやすそうでかっこいいやつ!

 

書き方の説明、練習帳がPDFで送られてくるのでこれを元に練習です。

目安としてA4に5枚ほど書けば自分のものにできるとのこと。

よーし、練習するぞー!!!

 

 

ドイツのイースター。お店はほとんど閉まっているのでご注意を!

4月1日真夜中に日本を出発し、途中ドバイを経由し4月1日の夕方にミュンスターに到着しました。

そう、4月1日はイースターでした。

ミュンスター空港からバスで市内へ。

やはり田舎クオリティーなのか。

バスが1時間に1本しかありません…

タイミングを逃すと空港で時間を潰すか、タクシーに乗ることに。

だいたいバスで40分ほどでした。交通の便悪いなー。

空港で時間を潰そうにもいわゆる地方空港なので、人も少なく時間を潰せる場所もほとんどありません。

駅中はスーパー、ケンタッキー、パン屋さんはあるのですが、市内はイースターということで全く空いていない!

駅で食べるもの買っといてよかったー。

皆様もドイツにイースターに到着される時はお気をつけください。