秋のお楽しみ フェーダーヴァイサー !

秋になるとドイツでしか飲めない フェーダーヴァイサー (Federweisser)がスーパーなどで販売されるようになります。フェーダーヴァイザーは発酵途中の白ワインのことです。日本ではまずお目にかかれない一品なので興味のある方は試されてはいかがでしょうか。

フェーダーヴァイサー
左からフェーダーヴァイサーの赤、ロゼ、白

フェーダーヴァイサーとはドイツの秋(9月〜10月)に販売される発酵途中のぶどうを絞ったお酒です。wikipediaの説明はこちら

ワインの赤ちゃんと言ったところでしょうか。白、赤、ロゼの3種類あります。赤いものはFederroterといいます。

アルコール度数は4%以上で、日が経つにつれ発酵が進むので段々アルコール度数が上がってきます。瓶詰めされた後も発酵が進むため、キャップはしっかりと閉まっていません(爆発するため)。ですので持って帰る際は瓶を傾けないよう気をつけないといけません。この理由から、長距離の輸送には向いておらずドイツ国内で多くが飲まれています。

ぶどうを絞った後、ろ過せず瓶詰めされているため瓶の底に酵母が溜まっていますが、体に悪い物ではないです。この酵母が羽に見えることから天使の羽、Federweißerと呼ばれるようになったようです。

冷やして保存しないといけないため、スーパーでは冷蔵ケースのところで販売されていると思います。常温で販売されているワイン売り場などにはありません。

飲んだ感じはぶどうの炭酸ジュースなのですが、しっかりとアルコールが入っているため飲み過ぎにはご注意ください。オレンジジュースなどで割るのも美味しいかもしれません。

秋限定でドイツでしか味わえないフェーダーヴァイサー飲みたくなりましたか?

他にもドイツ生活に役に立つ情報を発信しているのでお役に立てば幸いです。

ミュンスターの地ビール

ミュンスター (Münster)には誇るべき2種類の 地ビール があります。ピンクス ミューラー(Pinkus Müller)とフィーネ(FIINE)です。

ミュンスターのスーパーマーケットやレストランでも見かけますが、チャンスがあれば直営店に行かれてみてはいかがでしょうか。

Pinkus Müller

Pinks Mueller
Pinks Mueller

住所: Kreuzstraße 4-10, 48143 Münster

Pinkusのビールは有機栽培された原材料を使っているのでBioになります。Wikipediaにも情報が!

FINNE

住所: Kerßenbrockstraße 8, 48147 Münster

お店に入って右側のボードに今日のビールがたくさん書かれています。注文する前に試飲することもできます。

ピンクスでは伝統的なドイツ料理が楽しめます(英語のメニューもあります)。FIINEでは料理はフラムクーヘンとおつまみ程度なのでがっつり食べたい場合はピンクスの方がいいかもしれません。

両店とも混んでいて入れない場合もあるので予定が決まっているのであれば前もって予約することをおすすめします。

お会計の方法

基本的にドイツでは日本の居酒屋のような大皿を頼んでシェアするという感覚はあまりなく、それぞれの食べたいもの、飲みたいものを頼んでお会計は個別でする場合が多いです。そのため、最初から割り勘と決まっていない場合、ドイツ人の方とご飯に行く際は自分がどれを頼んだのか覚えておいた方が後で思い出すのに困らなくていいかもしれません。

ドイツでのチップの絶対のルールがあるわけではありませんが、レストランの場合お店のレベルによりますが約10%を目安にするといいでしょう。お会計の時に支払い額+10%の金額を払いたい場合、その金額をちょうど払ってお釣りは要りませんと言う、もしくはお釣りが出る場合チップ込みの自分が払いたい金額を伝えると残りのお釣りをもらえます(例えば金額が50€の場合チップを5€とすると、60€出した場合55€でと言うと5€のお釣りが返ってきます)。

・Muensterで様々なビールが買えるお店

  REWEやAldiなどのスーパーマーケットでも色々な種類のビールを買うことができるのですが、通常のスーパーよりもビールの品揃えが多いお店を紹介します。

・Getränkefeinkost Münster

  様々なクラフトビールを取り扱っています。メジャーなビールに飽きた方は自分の好みのビールを探してみてはいかがでしょうか。

Marktkauf

 郊外にある大きなスーパーです。通常のスーパーよりも多くの種類のビールを取り扱っています。

他にもミュンスターの役に立つ情報を発信しています。

皆様のお役に立てると嬉しいです。

それでは素敵なドイツ生活を!

ドイツお米食べ比べ対決

日本人の魂、白米。やはり美味しい白米が食べたくなりますよね。 ドイツで手に入りやすいお米 を使った ドイツお米食べ比べ対決 をしてみたいと思います。

エントリーナンバー1 ミルヒライス

エントリーナンバー2 日の出

エントリーナンバー3 ジャスミンライス

エントリーナンバー4トルコ米

トルコ米
トルコ米

エントリーナンバー5 コシヒカリ

・入手しやすさランキング

1. ミルヒライス、ジャスミンライス

2. トルコ米

3. 日の出

4. コシヒカリ

ダントツの手に入りやすさはミルヒライス、ジャスミンライスです。どこのスーパーでも売っています。トルコ米、日の出はアジアンショップやトルコ系のスーパーで購入することができます。コシヒカリはなかなか見つけることができず、大きなアジアンショップで購入するか、日本から持ってくる必要があるでしょう。

・価格  

1. ミルヒライス・ジャスミンライス

2. トルコ米

3. 日の出

4. コシヒカリ

コシヒカリ以外はリーズナブルな価格で購入することができます。

・味

1. コシヒカリ

2. 日の出・トルコ米

3. ミルヒライス

4. ジャスミンライス

やはり圧倒はコシヒカリですね。日の出、トルコ米も価格のわりに美味しいと思います。ジャスミンライスは日本食との相性はよくないですが、カレーライスとの相性は抜群です。

ご飯の炊き方

炊飯器で炊くのが一番楽ですが、電気コンロでお鍋を使っても炊くことができます。

1. ご飯を水に浸ける(約30分)

2. 鍋を強火にかける

3. 沸騰したら火を止め、鍋をコンロから離します。

4. コンロの熱がおさまったら再び鍋をコンロに戻し蒸らします。

5. 完成

コツは、お米を炊く時のお水はボルビックもしくはブリタでろ過したお水を使うといいです。多少水加減を失敗しても、お米がびちゃびちゃな場合は弱火で様子を見ながら加熱しましょう。芯が少し残っている場合はお水を少し足してもう一度加熱しましょう。

ジャスミンライスの場合は多めの熱湯で約15分ほど炊き、一度お湯を捨て、蒸らします。

お米に関してはそれぞれの好みがあるので、色々試して好みのお米を見つけてはいかがでしょうか。ミュンスターのアジアンショップはこちらで紹介しています。

他にもミュンスターの役に立つ情報を発信しています。

皆様のお役に立てると嬉しいです。

それでは素敵なドイツ生活を!

ドイツで寿司は作れるのか

ドイツで寿司は作れるのか 答えはイエスです!スーパーに売っている材料で材料を簡単に揃えることができます。

ホームステイ先やパーティーでお寿司を出すときっと盛り上がるでしょう。お魚をたっぷり使ったお寿司も美味しいでのすが、鮮度のいい寿司ネタがなかなかない、高いということで、今回は簡単に作れるアボガド&サーモン、ツナ&マヨの巻き寿司の方法を紹介します。

ドイツで作る巻き寿司
パーティーで盛り上がる巻き寿司

巻き寿司のレシピ

材料

酢飯の作り方

具材の用意

巻き方

材料

・酢飯

 白米

 米酢

 米酢がない場合

 酢 

 砂糖

 塩

・アボガド&サーモン

アボガド

サーモン

わさび

きゅうり

・ツナマヨ

 ツナ缶

 マヨネーズ

 カニカマ

 きゅうり

・酢飯の作り方

0. 巻き寿司はなまものなので、まずはしっかりと手を洗い、綺麗な調理器を使って料理をしましょう。 

1. ご飯の炊き方

  どのお米を使えばいいのかはこちらをご覧ください。おすすめは日本のお米かトルコ米です。割高ですがSushi Riceという手もあります。

1-1.炊飯器を使えば楽にご飯が炊けますが、なくてもお鍋でも簡単に炊くことができます。

1-2. 寿司酢を用意します。スーパーで売っている場合もあるのですが、なくても市販の酢に砂糖・塩を加えることで代用できます。

1-3. フライパンに炊いたお米を移し、寿司酢を加えます。うちわであおぎながら冷ましてください。

2. 具材の用意

2-1. アボガド&サーモン アボガドは食べやすい大きさに切るか、マッシュしてペースト状にしましょう。青いアボガドは熟しておらず硬いので茶色の適度に熟したものを使うようにしましょう。空気に触れると茶色く変色してしまうのでレモン汁を加えておくと変色を防ぐことができます。ペースト状にしたものにわさび醤油を加えておくといい隠し味になります。サーモンは食べやすい大きさに切ってください。

2-2. ツナ&マヨ ツナ缶の油を捨ててマヨネーズを加えます。

2-3. きゅうり、カニカマは食べやすい大きさに切ってください。カニカマはSurimiという名前で売られています。    

3. 巻き方

3-1. 巻きすがあれば簡単に巻けますが、サランラップでも代用できます。巻きすは意外とスーパーで売っていることもあります。

 のりはスーパーで売っていることもあります。ない場合はのりではなくごまで代用することもできます。乾燥しており、軽いので日本を出るときにスーツケースに入れて持ってくるものいいかもしれませんね。

 のりトリビアですが、実はのりを消化できるのは日本人だけです。日本人の腸内にのみのりの細胞壁を消化できる酵素をもつバクテリアがいるそうです。海外の方がのりを食べられても体調には関係ないのでご安心してください。

完成したら一口大に切って綺麗に盛り付けしましょう。完成まであと一息です。最後まで気を抜かずに頑張りましょう。包丁で強く押しつぶさないように全体を大きく動かして切ると上手に切れます。うまくいかない場合は太さを少し厚くしてみましょう。詳しくはクックパッドの巻き寿司を綺麗に切る方法をご覧くださいhttps://cookpad.com/cooking_basics/15674

繰り返しになりますが、なまものなので衛生面には気をつけましょう。

今回は手に入りやすいということでアボガド&サーモン、ツナマヨを紹介しましたが、他の具材も美味しいですね。アジアンショップで納豆が売っているので納豆巻き、Marktでマグロが売っているので鉄火巻きを作ることもできます。ミュンスターのアジアンショップの紹介はこちらをご覧ください。今回紹介した方法で酢飯を使ってちらし寿司を作るのもいいですね。

恵方巻きやひな祭りのちらし寿司などお寿司を通じて日本の文化を紹介すると盛り上がるかもしれませんね。

ドイツでのホームパーティー 食べられない物への3つの配慮

ドイツでホームパーティーをする時の注意点 ベジタリアンや宗教上食べられない方への配慮を。

先日職場でセミナーを開催することになり、その後に簡単なサンドイッチを出して軽食パーティーをする機会がありました。

サンドイッチを作る時に同僚の方から、ベジタリアンやイスラム教で豚肉を食べられない人もいるから野菜だけのサンドイッチも作ってね、と言われました。

なるほどそれもそうですよね。
日本にいる時は、卵やそばなどのアレルギーには気を使いますが、肉や豚肉にまで配慮する機会はあまりないように思います。
普通のサンドイッチと野菜オンリーのサンドイッチを用意し、皆さんお腹一杯になってもらえたみたいでよかったです。

確認ですが、ベジタリアンの方は肉・魚を食べない。
カツオ出汁や鶏ガラ、豚骨など動物性の出汁も使用することもできません。だしの素もアウトですね…
調理器具も出来るだけ違うものを使用するべきでしょう。

ビーガンの方の場合は肉だけじゃなくて乳・鶏卵・蜂蜜もだめよね。
メイプルシロップはOKになります。

イスラム教の方は豚肉とアルコールがNG。
本来ならばハラールな方法で処理された料理しか食べてはいけません。
どこまで許容できるかは人によるので、機会があれば何がダメかよく話を聞いた方がいいでしょうね。

また、多人数の場合は無理かもしれませんが、人数が限られている場合はアレルギーがある方がいらっしゃるか聞いておいた方がお互いに安心ですよね。

ドイツの方には寿司、お好み焼き、餃子、肉じゃが当たりがウケがいいのではないでしょうか。
ただし海苔がダメという方も結構いらっしゃるそうなので、海苔巻きだけでなく、握り寿司、ちらし寿司などにした方がいいかもしれませんね。

皆様もホームパーティーなどで手作りする機会がある場合はご注意を〜。

ドイツで手に入る調味料

ドイツで手に入る調味料 って日本で使っているものとどれくらい違うの?そんな疑問にお答えします。基本的にはネット通販やアジアンマーケットを使えば手にいれることができます。

まずは基本の「さしすせそ」から。

 

さ (砂糖): これはスーパーで買えます。一般的なのは、紙の袋に入った状態で売ってあります。日本のように、平積みされているかと思ってはじめ全然見つかりませんでした。見た目が小麦粉と似ているものもあるので注意してください。あと一度開封すると、こぼれやすいので容器に移しておいた方がよいでしょう。砂糖はZUCKERと表記されています。DIAMANTのものをよく見かけます。500gで1ユーロ弱です。

砂糖
砂糖

し (塩): これもスーパーで買えます。粒が荒かったり、ハーブが入ったりするものもあるので注意してください。

 

す (酢): ワインビネガーであればスーパーで買えます。米酢となるとアジアンマーケットで買う必要があるでしょう。

せ (しょう油): 売っているスーパーがあったりなかったり。これもアジアンマーケットだと確実でしょう。

ドイツで手に入る調味料
醤油

そ (味噌): これもスーパーではなかなか見つからないのでアジアンマーケットですね。

 

 

ドイツのスーパーで調達できるものだけで大丈夫!という方はいいのですが、日本食が恋しくなる方はお住まいの地域のアジアンマーケットを調べるといいと思います。近くに日本人の方がいない場合は、中国人や韓国人の方に聞いてみるのもいいと思います。

 

ミュンスター(Münster)の場合は、駅付近に中国人の方が経営しているアジアンマーケットがあるのでそこを利用するか、デュッセルドルフにあるアジアンマーケット松竹から送ってもらう方法があります。http://shochiku-online.com/ja/

松竹では約5000円以上購入すると送料が無料になるので、お米プラスαを注文すると送料が浮きます。リーズナブルなものですとお米10kgで40ユーロ弱ですね。

 

他の調味料についても調べてみました。

 

日本酒: アジアンマーケットで買う必要があるでしょう。ものによっては白ワインで代用してもいいと思います。

油: ひまわり油、オリーブオイルはスーパーで購入することができます。私の場合、油をそんなに使わないので全てオリーブオイルを使用しています。

小麦粉: スーパーで購入できます。砂糖とパッケージが似ているので注意。

 

小麦粉はWEIZEN MEHLと書かれています。Diamantのが一番よく見かけると思います。500gで1ユーロしないくらいです。

薄力粉が欲しい場合はType405が、強力粉が欲しい場合はType550が近いと思います。

パン粉: シュニッチェェル用のパン粉はスーパーに売っています。日本のような粗めのパン粉が欲しい時は、自分でパンをすりおろす必要があるます。

みりん: 煮物などで欲しい、という場合はアジアンマーケットで買う必要があるでしょう。

こしょう: スーパーで買えます。

ケチャップ: スーパーで買えます。

ふりかけ: アジアンマーケットで買う必要があるでしょう。

ハーブ、香辛料など: 基本的にはスーパーで一通りそろいます。鷹の爪はホールではなかなかないかも。フレッシュなハーブが欲しい場合は、広場のマーケットなどで生のものが売られている場合があるのでそちらで買うといいかもしれませんね。

 

それ以外の食料

 

お米: ミルヒライスが好みではない方はアジアンマーケットで注文する必要があるでしょう。ドイツのお水は硬水なので普通に炊くとぱさつきやすいかも。少しお高いですが、ボルビックは水道水と比べるとミネラルが少ないのでお米を炊く時に使うと粘り気がでるかも。

ドイツで買えるお米、Milchreis
ドイツで買えるお米、Milchreis

緑茶、ほうじ茶、玄米茶などはスーパーでは見かけないので、アジアンマーケットで買う必要があるでしょう。

肉: ドイツのスーパーではスライスした肉を見かけません。もしスライスした肉が欲しい時は、お肉売り場にいってスライスしてもらう必要があります。

豆腐: スーパーでTOFUと表記されて売られています。試しに買ってみたものは、確かに豆腐ではあるのですが、木綿のさらに上を行く固さでおいしくはなかったです。ドイツの方はサラダとかに入れて使うのではないかと思います。

 

 

調理器具について

 

炊飯器: 家電量販店で買える炊飯器は安くてシンプルなものが多いです。ただし値段相応という感じで釜は安っぽい感じのものが多いです。象印などの炊飯器はAmazonで購入することができます。

計量スプーン: ドイツに来てから気づいたのですが、こちらで計量スプーンを見ません。

大さじは大きいスプーンで、小さじはティースプーンで計るようです。もちろんスプーンによって量が若干違うのですが、そこは慣れでしょうか。

お菓子作る時とかどうしているんだろう…

菜箸: お箸は探せばあるかもしれませんが、菜箸はこちらではみかけません。トングなどで十分、という方はいいのですが、料理に必要な方は日本から持ってきたほうがいいでしょう。私は今のところなくても不便を感じていません。

 

以上、 ドイツで手に入る調味料 についてでした。

参考になったでしょうか。

 

ドイツで食べられるお魚

ドイツで長期生活される予定の方の気になる点の1つに、ドイツで魚が食べられるかどうかがあると思います。

答えはイエスです。

 

私の住んでいるドイツ、ミュンスター(Munster)での話になりますが。

日本のスーパーのように鮮魚コーナーがあるわけではありませんが、冷凍された魚、冷凍されたフライの魚は日常的に買うことができます。こちらに来てからまだ食べていないので食べたらアップしようと思います。

 

新鮮な魚はフードトラックが週末に来るのでそこで買うことができます。

刺身で食べられるマグロ、サーモンや、加熱して食べるタラ、イカ、タコ、アサリなどあります。

お値段はするのですが、たまに食べる分には問題ないと思います。

臭くもなく、いけます。

あと市内におすしと書かれたレストランを見かけるので機会があれば行ってみようと思います。

 

探せば醤油も手に入るので、スーパーで売っている白ワイン、生姜も使えば白身魚の煮付けも作れるはず。

いやー、白米が食べたくなってきました。

 

白米、ビネガーもうまく使えば握り寿司も作れますね。

ホームパティーなどで披露すれば結構喜ばれるかも♪