ドイツはサイン文化

日本で仕事やプラーベートで書類を作成する時には山ほど判子つきますよね。

当たり前ですが、ドイツでは判子文化なんてない。

サイン文化です。

でも日本にいる時に自分の名前をアルファベットで署名する機会ってそんなにありませんよね。

こちらだとオフィシャルな書類にはブロック体とサイン両方書くケースが多々あります。

向こうの方のサインを見ると読めない。

有名人がサインするときのような字体です。みんな形が小慣れているいてかっこいいです。私の場合は、中学校で習った筆記体を繋げただけのようなもの。

うーん…

 

全然かっこよくない…

これから長い間使うということもあり、ここはプロにデザインをお願いすることにしました。

無料のサインジェネレーターは、筆記体を繋げただけの感じだったので、イマイチと感じてしまいました。見た目は流暢に見えるのですが、実際に書いたものというとちょっと違いますよね。

今回お願いしたのは署名ドットコムさんです。

http://www.syomei.com

ネットで探すと他にもいろいろありますね。

 

サンプルのデザインが気に入ったので署名ドットコムさんにお願いすることにしました。

価格はベーシックなアルファベット1種類で10000円のコース。

オーダーした後デザインを見せていただいて微調整はできるのですが、複数のデザインから選びたかったのでオプションで3択プランを選んで草案を3つ作っていただきました。

こちらはオプションで+5000円、計15000円になります。

期間は1週間で、デザインの草案が送られてきて、3種類の中から1つ選んで、書き方順を教えていただくことになります。これがさらに4営業日かかります。もし急ぎで欲しいかたはオプションで納期短縮もできるそうです。

もっと安いところもありますので気にいったところを探すといいと思います。

 

実際の出来上がりは満足したものをいただくことができました。

お願いしていた書きやすそうでかっこいいやつ!

 

書き方の説明、練習帳がPDFで送られてくるのでこれを元に練習です。

目安としてA4に5枚ほど書けば自分のものにできるとのこと。

よーし、練習するぞー!!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください