ドイツでのホームパーティー 食べられない物への3つの配慮

ドイツでホームパーティーをする時の注意点 ベジタリアンや宗教上食べられない方への配慮を。

先日職場でセミナーを開催することになり、その後に簡単なサンドイッチを出して軽食パーティーをする機会がありました。

サンドイッチを作る時に同僚の方から、ベジタリアンやイスラム教で豚肉を食べられない人もいるから野菜だけのサンドイッチも作ってね、と言われました。

なるほどそれもそうですよね。
日本にいる時は、卵やそばなどのアレルギーには気を使いますが、肉や豚肉にまで配慮する機会はあまりないように思います。
普通のサンドイッチと野菜オンリーのサンドイッチを用意し、皆さんお腹一杯になってもらえたみたいでよかったです。

確認ですが、ベジタリアンの方は肉・魚を食べない。
カツオ出汁や鶏ガラ、豚骨など動物性の出汁も使用することもできません。だしの素もアウトですね…
調理器具も出来るだけ違うものを使用するべきでしょう。

ビーガンの方の場合は肉だけじゃなくて乳・鶏卵・蜂蜜もだめよね。
メイプルシロップはOKになります。

イスラム教の方は豚肉とアルコールがNG。
本来ならばハラールな方法で処理された料理しか食べてはいけません。
どこまで許容できるかは人によるので、機会があれば何がダメかよく話を聞いた方がいいでしょうね。

また、多人数の場合は無理かもしれませんが、人数が限られている場合はアレルギーがある方がいらっしゃるか聞いておいた方がお互いに安心ですよね。

ドイツの方には寿司、お好み焼き、餃子、肉じゃが当たりがウケがいいのではないでしょうか。
ただし海苔がダメという方も結構いらっしゃるそうなので、海苔巻きだけでなく、握り寿司、ちらし寿司などにした方がいいかもしれませんね。

皆様もホームパーティーなどで手作りする機会がある場合はご注意を〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください