ドイツの冷蔵庫

新居についていた冷蔵庫がとても小さかったので ドイツの冷蔵庫 を購入することにしました。

 

前々から大きいのが欲しいなと思っていたので一人暮らしのくせにファミリータイプの冷蔵庫(冷凍庫付き)を購入しました。買って正解だなと思っています。

 

今回購入したのはAOというオンラインのサイトです。https://www.ao.de

SATURNやMedia Marketで買うのもありだと思いますが、今回いいなーと思った奴がネットでみると安かったのでこちらのサイトで購入しました。AMAZONはまだプライム会員になっていないので、普通に配送してもらうと時間がものすごくかかるのでパスしました。

冷蔵庫は英語だとfridge、ドイツ語だとKühlschrankになります。電気屋さんだと店員さんによっては英語が話せない方もいらっしゃいますが、英語を話すことができる方を呼んでもらえてます。

ちなみにSATURNで送料を聞くと、家のドアの前まで運んでくれるだけで39€かかると言われました。設置してもらうのであればさらにかかるとのこと…。土曜日に訪れて、在庫がある場合は火曜に配送できるとは言われました。

 

AOだと一番安い送料だと家の中まで運んでくれて10€です。ただし、梱包されたまま置いていってくれるので、自分で開封しないといけません。冷蔵庫などの大きい家電の場合は、女性一人だと厳しいと思うので、知人に手伝ってもらうか、運んでもらう際にプラスαのオプションをつける方がいいでしょう。

AOの場合、予定がうまいことあえばすぐに運んでくれるようなのですが、今回は運送側が忙しかったのか、注文してから来るまで5日ほどかかりました。

ドイツの冷蔵庫
開封前
ドイツの冷蔵庫
開封後

なんとか一人で設置完了。

ダンボールや発泡スチロールはちゃんと分別して捨てましょう。

 

いざ電気屋さんで見て気づいたのですが、ドイツの冷蔵庫は機能であまり押してこない。

日本だとプラズマクラスターだとか食材長持ちとか押し出していると思うのですが、ドイツの場合、価格、どれくらいエコか、の情報くらいしかありません。

冷やす機能があればいいという感じなんでしょうか…

 

選ぶのに悩まなくて済むかもはしれませんね。

 

実際に使ってみて特に問題は感じません。

そりゃ冷えれば大体はokですよね。

 

これで色々買い物が楽になります。

まずはビール入れるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください