ConoHa for Windows Serverの紹介

ConoHa for Windows Serverについて紹介します。アプリサーバ等を自身で運用する時、ご自身で作ったアプリやブログを実行できる仮想専用サーバ(VPS)が適していると思います。

VPS: Virtual Private Serverは、1台のサーバを複数のユーザで共有することができ、仮想的に専用サーバーと同じように自由度・性能を利用できるよう設定されています。
その自由度やサーバの性能が共用サーバとは異なるところですね。
専用サーバは、物理的に1つのサーバを使用するのに対し、VPSは、仮想的に利用するため性能や負荷に対する耐性は専用サーバーの方が高くなります。また、もしその物理サーバーに障害が発生した場合、そのサーバーを利用しているVPSユーザー全てが影響を受けることになってしまいす。

今回は東証一部に上場しているGMOインターネットが運営する、ConoHaの新サービス、ConoHa for Windows Serverの紹介をしたいと思います。
VPNを検討されている方は参考にしていただければと思います。



OSエディションはWindows Sever 2016 Datacenter Editionで、データセンターは東京にあります。リコートデスクトップ接続も可能です。ただし、サーバー管理目的のみなのでご注意を。
Windows Sever 2016 Hyper-Vも利用可能です。
ネットワークはインターネット 100Mbps共有、プライベートネットワークが1Gbps共有になります。グローバルIPアドレスはIPv4アドレスが1つ、IPv6アドレスが17こになります。
APIはOpenStack準拠のAPI無料提供で、APIリストはこちらをご覧ください。https://www.conoha.jp/docs/

DNSはドメインのレコードを登録して使うことができるDNS機能が無料提供されています。
コントロールバネルは、ご自身のブラウザ上で、アカウント・請求情報の確認やサーバー管理ができます。

まず気になるのはお値段ですよね。
初期費用無料、月額1800円からの定額制でWIN1GBを使用できます。プランに合わせてスペクも変更することができます。
利用料金が月額料金に満たない場合は、時間単位の課金へ自動的に切り替わり、常に一番安い料金になるように計算されるそうです。
他社と比べてもコスパはいいのではないかと思います。
初期費用はできるだけ抑えたいですよね。
もし使い始めてみて合わないと思っても、利用料金が時間単位の課金へ切り替わるのであれば試しやすいですよね。この時間利用の課金制度は、ConoHa for Windows Serverの特徴ですね。他のシステムではここまでフレキシブルな料金体制のものはなかなかないのではないでしょうか。

月額料、詳細等はこちらから確認していただくことができます。
https://www.conoha.jp/windows/pricing/?banner_id=d05_a8_mailmaga_win

有料オプションにはなるのですが、SQL serverも利用できるそうです。

おすすめはWIN4GBだそうです。
月額5900円で4コアのCPUが使え、メモリは4GB、HDDは500GBを使うことができます。

お支払いもVISA、JCB、マスターカード、AMEX、ダイナーズカードのクレジットカードを使うことができますし、ConoHaチャージで、事前にチャージした分だけ利用することができます。Amazon pay、Paypal、Alipay、また、銀行決済、コンビニ支払いもできます。

実際の使用に関しても、見慣れたWindows環境なのでいつもの感覚で使える、というのは嬉しいのではないでしょうか。難しいコマンドなどは不要なのでいつもの感覚で簡単に使いやすいのではないかと思います。

24時間安定稼動に適しており、VPSはMT4、録画などのプログラムを24時間稼動するのにも適した環境です。自宅のPCを稼動し続けると、PCがフリーズしてしまったり、電気代が高額になるのではと心配になりがちですが、Windows Server VPSならその心配なく24時間稼動させることが出来ます。

安心して稼動させられるのは大きいのではないでようか。

SSDを標準で使え、最新のCPUも採用されているということで、高速VPSにより、ぬるぬると動くのを実感できるのではないかと思います。

Windows Server 2016 Hyper-Vに対応しているため、開発をより便利に行うことができます。Hyper-Vとは、マイクロソフトによって提供されているハイパーバザイベースのx64向け仮想化システムのことです。1台のサーバで複数の仮想機械を実現しています。

リモートデスクトップ機能により、自宅やオフィスのパソコンからアクセスでき、スマートフォンやタブレットでも可能。自宅にいなければならない方にも心強いですね。

設定自体も3STEPで簡単に。設定自体が複雑だと時間も手間もかかってしまいますが、3STEPだと時間も手間も節約できますね。
自由度の低い共用サーバですと、利用できるプログラムやアプリが制限されることもあるので困る可能性もありますよね。

VPSを利用中に、サーバーの設定等で不明な点がでてくるかもしれませんが、その時は電話で問い合わせできるので、いざという時に安心ですよね。初心者だとつい途中でつまずいて困り果てる…なんてなる前に電話一本で相談できるのはありがたいです。

監視体制については、専門の技術者が24時間体制で監視しており、トラブル発生の際にはすぐに検知できるようになっています。これもここと強いですね。

このようにメリットがたくさんなので、一度ご使用になってみてその実力を確認していただけるといいと思います。

アプリの作成自体も簡単になってきているので自分で作られる方も増えてきたのではないでしょうか。そんな時に安心して、かつ、安く利用できるVPSとしてConoHa for Windows Serverを候補の一つに考えてみてはいかがでしょうか。

皆様のネット環境が少しでもよくなることをお祈りしています。

少しでも気になられた方は下をクリックしてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です